高脂血症と悪玉・LDLコレステロールを下げるための方法とサプリメント

高脂血症と悪玉・LDLコレステロールを下げるための方法とサプリメント

高脂血症は動脈硬化につながります

高脂血症は、血液中の中性脂肪やコレステロールが増える状態で高脂血症は動脈硬化の原因となるのです。コレステロールは善玉コレステロールが少ない場合でも動脈硬化を起こしやすくなるため、高脂血症という名称は血中脂質の異常を脂質異常症と変更されています。
高脂血症の原因は高カロリーで高脂肪の食事と運動不足などの生活習慣が主な原因として考えられます。症状のあらわれ方は、殆どが症状がなく血液検査などでわかることが殆どです。
治療方法は、原因の殆どが生活習慣なのでそれらの改善を第一に考えます。食事は総エネルギーとともに栄養素の配分などを適正化して栄養の偏りがなく栄養バランスのよい食事をします。食事で目標の値にならない場合には、より厳しい食事療法が必要になるため、医師や栄養士に相談することが必要です。適正体重の維持、腹囲が男性は85cm、女性は90cm未満を維持、ウォーキングやジョギングなど運動を増やすことも必要なことです。
生活習慣を見直して3?6ヶ月続けても目標値に達成しない場合には薬物療法をします。
高脂血症に気付いた場合、動脈硬化を予防することが目的なので、症状はなくても医師や栄養士にまずは相談して正しい治療を行なうことが良い選択です。

高脂血症の原因を知っておきたい。

以前の日本とは違って、生活習慣や食事なども大きく変化しており、高脂血症に罹る人が増えています。
高脂血症は血液中のコレステロールや中性脂肪の数値が上がり、血液がドロドロした状態になりますが、自覚症状がほとんどないため、血液検査で発見されることが多いです。
高脂血症の原因は、肉類や油脂が中心のカロリーの高い食事や暴飲暴食、喫煙や飲酒の習慣、慢性的な運動不足などがあります。
高脂血症は、標準体重を超えている肥満気味の人に多い傾向がありますし、更年期に入って閉経が近づいてくると、女性はコレステロール値や中性脂肪の数値が上昇しやすくなります。
高脂血症は放置をしておくと、動脈硬化が進んでしまい、心臓病や脳梗塞などの命に関わる病気に罹るリスクが高まってしまいます。
コレステロール値や中性脂肪の数値を下げるためには、有酸素運動が効果的ですが、激しい運動は行う必要がなく、一時間程度のウォーキングでも、効果を実感しやすくなります。
仕事や家庭、人間関係などで精神的なストレスを感じている人が増えており、喫煙や飲酒の習慣がある人が多いですが、高脂血症の原因になってしまうため、タバコの本数を減らしたり、休肝日を作ることも大切です。

高脂血症に効く食事とは

高脂血症は、日常の食生活が大いに影響する病気です。では、予防や改善のためには、食事でどんなことに気をつけたらよいのでしょうか。高脂血症のための食生活の基本、控えるべき食べ物・積極的に食べたい食べ物について説明していきます。食生活の基本として、エネルギーの摂取量を調節して、標準体重に近づけましょう。その際は、炭水化物・たんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラルをバランスよく摂取してください。控えたい食べ物として、飽和脂肪酸・コレステロール・糖質が過剰に含まれているものがあります。具体的には、肉の脂身・皮・バター・チーズ・生クリーム・レバー・魚卵・鶏卵などがあります。甘いお菓子などに含まれる「しょ糖」や果物に含まれる「果糖」は、吸収されるのが早く、中性脂肪として合成されやすい性質がありますので、甘い物や果物は控えめにしましょう。反対に積極的に取りたい食べ物として、食物繊維・不飽和脂肪酸・大豆たんぱくを沢山含まれている食べ物があります。具体的には、海藻類・こんにゃく・きのこ類・野菜・イモ類・青魚・大豆製品があります。とりわけ、青魚はEPAやDHAという血液中の中性脂肪を減らしたり、血栓ができにくくしたりする働きがあるので非常におすすめです。

高脂血症と高コレステロール血症について

"高脂血症とは、コレステロールや中性脂肪など血液中の脂質が多すぎる病気のことです。
高脂血症はには中性脂肪が多い高中性脂肪血症、LDLコレステロールが多いLDLコレステロール血症、HDLコレステロールが低いHDLコレステロール血症の3種類があり、一つでも当てはまると「高脂血症」となります。
高脂血症が発症する原因は、主に肉類や油もの中心の食生活、喫煙やアルコールの摂取、運動不足など生活習慣の乱れによるものです。また、遺伝性のものをあります。
あまり自覚症状はなく、健康診断などの血液検査などで発覚することも少なくありません。最近疲れが取れにくい、身体が重く感じるなどの軽度の症状が多いとされています。高脂血症による高コレステロール血症状態が継続すると、動脈硬化や心筋梗塞などの病気も併発する可能性が高いので、注意が必要です。
高脂血症と診断された場合は、薬の服用は一般的ではありますが、自分で改善することが一番効果が期待できる疾患ともいえるので、食事療法や運動療法などもしっかりと取り入れて、治療に臨むことが望ましいです。
高脂血症の予防として、定期的な健康診断と、規則正しい生活習慣、バランスのとれた食生活を心掛けることが重要となります。

クリルオイルで悪玉コレステロールを減らしていく

悪玉コレステロールが高い状態が続けば、血栓ができやすくなるなどで血の流れが悪くなり病気になる可能性を高くしてしまいます。
健康状態を良くしていくためには、運動などをする必要があります。しかし、忙しいなどの理由で生活習慣の改善が難しいケースも珍しくありません。
悪玉コレステロールを減らすのに役立つものとして、クリルオイルがあります。オメガ3脂肪酸など、血の状態を改善してくれる成分が多く配合されています。
クリルオイルは、南極オキアミから作られていますので安全性が高いです。サプリメントから摂取することになりますが、メーカーによって配合量などに違いがありますので、きちんと確認してから購入するとよいです。
クリルオイルによって、血の流れがよくなり中性脂肪を減らすだけではなく、善玉コレステロールが増える効果が期待されています。体に良いものですが、必要以上に摂取せず継続することを忘れてはいけません。
悪玉コレステロールは、クリルオイルで対応していけば基準値に近付けることができます。ただし、クリルオイルだけではなくできる範囲で生活習慣の改善もしていけば、より早く悪玉コレステロールに悩まされなくなるはずです。
健康的な生活をするならば、クリルオイルを活用してみるとよいです。

オメガ3脂肪酸とコレステロールとの関係について

オメガ3脂肪酸とコレステロールは、密接な関係にあります。オメガ3脂肪酸とは、マイワシやまぐろ、サバなどの青魚に多く含まれています。オメガ3脂肪酸は、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし、動脈硬化を防ぐ効果があることが実証されています。摂取することで、血液中の脂質濃度を減少させる働きがあるからです。
血液中の脂質濃度が下がると、コレステロール値が下がります。したがって、コレステロール値が高い人達や、気になる人達は、オメガ3脂肪酸が多く含まれた食物を習慣的にとると安心です。
オメガ3系脂肪酸を多く含む食物は、青魚の他、くるみやシソ油、ごま油、菜たね油などです。油は、調理をしない限り摂取することは難しい食物ですが、くるみは、どこにいても気軽に食べることが出来ます。一日分の適量が袋に入ったものも販売されていますので、こういったものを常備し、コレステロール値を高くしない努力をすることは有意義です。
また、青魚は、脳を活性化して記憶力を向上させる働きがあることも解明されているため、高年齢の人達は覚えておきたい食物です。
さらに、オメガ3脂肪酸は、花粉症やアトピーなどのアレルギー疾患、うつ症状、心臓血管系疾患等にも効果が期待出来るため、様々な生活習慣病の予防や治療に役立ちます。